ブラウス下に着るキャミソール色おすすめ3色


ニットの下にヒートテックを重ね着する(東北あるある)


時期も終焉を迎えている今日この頃。



ブラウスに衣替えする方も多いのでしょうか?






そうすると浮き出る迷い、、、


ブラウスの下のキャミって、何色がいいんだろう。。。



とりあえず、白とベージュと、ピンクも、、って


とりあえずで色んな色揃えてたりしませんか?



今日はその迷いをスッキリしていただきたいと思います!




実は
色んな色は必要ありません。


キャミソールが主役になる服って、


職場にいるときってないのではないですよね?



ましてや、ブラウスの下に着るキャミソール1枚で


外を出歩くって、


まず無理ですよね。



つまり、これをお読みのあなたに必要なキャミソールは脇役なので、


色味は要らないんです。



色味があるキャミソールを着ることで、



ブラウスの色がキレイに映えなかったり、


妙な配色になってチグハグになってオシャレに見えなかったりします。



脇役キャミソールの色は今から書く3色があればOK!!!



そして、嬉しいことに、


違う色を難色もそろえるより、同じ色を何着か持っている方が


服選びが楽になるのです。




「あ~~~~あの色のキャミを合わせたいのに、


洗濯してるやん!!!!」


もなくなりますしね✨




ということで、おすすめ3色はこちらです!



①ネイビー、もしくは黒


透け感のある暗めのブラウスなら、


同色で暗めのキャミソールと合わせると、


ブラウスの邪魔にならずキレイに着れます♪



パーソナルカラーがウィンターさんなら、ネイビーか黒、お好きな方を!


他のタイプの方なら、ネイビーをオススメします!!





②黄みがかった白


本来であれば、黄みがかった白は


パーソナルカラーがイエローベース(温かみのある色のグループ)の


スプリング、オータムさんに似合う色です。



ただ、服の色を決める上では、

自分に似合う色を着るのが一番良いのですが、


着る服の色のベースを合わせて着ることをオススメします。



例えば、、


ブルーベース(涼しさを感じる色のグループ)に属するサマータイプさんがいたとします。



ですが、今日着るブラウスはイエローベースさんに似合うスプリングタイプの色だとします。



そういうに、この


「黄みがかった白」のキャミソールを合わせてください。



そうすると、顔色は多少落ちてしまうけど、


服の色同士は調和するので、相手に違和感を与えることがありません。



持っている服って、きっと色んなタイプの色があるはずなので、


そのために自分に合っていなくても持っていてほしい色です。






③雪のような白



本来であれば、雪のような白は


パーソナルカラーがブルーベース(涼しさを感じる色のグループ)の


サマー、ウィンターさんに似合う色です。


これも②と同じ理由で、


自分に合っていなくても持っていてほしい色です。



余談ですが、


白系のキャミソールは



買う前に


手を透かせてチェックしてくださいね!!!



白系キャミソールにありがちなのが、


下着が透けること。



明るい色のブラウスに、


白系のキャミソール着て胸を張ったら


透けて見えてた。


はずかしー(*/□\*)



という経験をお持ちの方は、私だけではないはず。。。



キャミソール問題を乗り越えて、素敵なブラウスで春をお過ごしくださいね✨


ちょっと特別な日にかける思いを


ファッション&メイクでスタイリングし、


満ち足りた思い出へとグレードアップする



「プチ勝負日ショッピング」をしています🍀


詳細、お申込みはこちらから↓

https://yucla.themedia.jp/pages/1783638/page_201803271803



<ちょっと特別な日ってこんな日>


・門出を祝う結婚式への参列

・大事なデート

・次につなげたい本気の合コン

・久しぶりの大規模な同窓会

・ちょっと良い場所で家族と食事

・大切な人との旅行

・努力が実る講演会、発表会




<こんな思いをスタイリングします>

・きちんとしたい

・華を添えたい

・次に繋げたい

・周りと差をつけたい

・選ばれたい

・自分を貫きたい


 ❤4月は埋まりました!





Yucla Looks Renovation

心の癒しと自信をもたらす - 心まで磨かれるファッション - 頑張りすぎて疲れた女性を 自然体で自分らしく生きる女性に 個性を認め合う和を 広げていきます

0コメント

  • 1000 / 1000