存在感のある人が意識している服の選び方①


一目置かれたい、

自分の話を聞いてもらいたい、

丁重に扱われたい、


自分に「特別感」が欲しい。


それを叶えてくれる、服の選び方があります。



一目置かれる存在感を発揮するためファッションタイプ
「骨格タイプ」とは?


骨格タイプとは、


生まれもった体型の特徴を美しく引き立てるファッションの

「形」「素材感」を


3つのタイプに分類したものです。


そのタイプを診断することを「骨格診断」と呼んでいます。


骨格タイプがわかると、何がわかるの?


自分の存在感を引き立てるファッションアイテムやヘアスタイルの傾向をつかむことができます。


例えば、


  • アクセサリー
  • バッグ

  • ヘアスタイル

などです。


骨格タイプは何で決まるの?



肉の質感

  • 筋肉・脂肪のつき方


身長に対する身体のライン

  • 骨や関節の大きさ・長さ・太さ


で決まります。


そのため、自分の身体を見たり触ったりしただけでは、上記の特徴をつかむことが難しく、

自己診断すると異なるタイプを導き出してしまう可能性が高い、ちょっと決め方が難しい診断です。



骨格タイプの3つはどんな特徴?


それぞれ、どんな服のラインと調和するかで、タイプの名前が付いています。

ここでは、それぞれのタイプの身体の特徴について書いてみます。


①直線と調和する「ストレート」タイプ

<身体の質感>

  • 肉感的、脂肪より筋肉
  • ぷりっとしたハリ


<身体のライン>

  • メリハリ、厚み

  バストやヒップの位置が高めで、お椀型のような丸み

  太ももしっかり、ひざ下スラリ、足首キュッ


  • 上重心

  身長に対して腰の位置が高い 

  首からバストトップまでの距離や、バストからヒップトップまでの距離が短め


<調和するファッションスタイル>

  • 装飾の少ない、シンプルできちんと感のあるファッション 



②曲線と調和する「ウェーブ」タイプ

<身体の質感>

  • 肉感的、筋肉より脂肪
  • ぷにっと柔らか


<身体のライン>

  •  なだらかに薄い

  バストやヒップの位置が低めで、つりがね型のような丸み

  太もも~ひざ下~足首まで、あまり太さが変わらない


  •  下重心

  身長に対して腰の位置が低い 

  首からバストトップまでの距離や、バストからヒップトップまでの距離が長い


<調和するファッションスタイル>

  • 装飾のある、ソフトで軽やかさのあるファッション 



③ゆとりと調和するナチュラルタイプ

<身体の質感>

  • 肉感的でない、骨・関節を感じる
  • かちっとしたフレーム感


<身体のライン>

  •  シャープ

  厚みより幅を感じる

  骨が大きめ太め長めで、関節が大きい


  •  重心に偏りが少ない

  ストンとした印象

  ひざ下~足首までがしっかり、首周りに筋っぽさを感じる



骨格タイプに合ったファッションで、特別な私になる


今回は、各タイプの身体的な特徴までお話ししました。

次回は各タイプに調和するファッションスタイルについてまとめていきたいと思います!


どうぞお楽しみに♪


てっとり早く存在感を手に入れたい際には、骨格タイプアナリストに診てもらうことを

おススメします!


レッスンでは、


骨格タイプに沿ったアイテム選びの軸


をお伝えしています。

ぜひご利用くださいね!


レッスン紹介ページはこちら


では!



居るだけで親しまれるルックスをつくる

イメージコンサルタント

藤井裕子(ふじいゆうこ)

Yucla Looks Renovation

心の癒しと自信をもたらす - 心まで磨かれるファッション - 頑張りすぎて疲れた女性を 自然体で自分らしく生きる女性に 個性を認め合う和を 広げていきます

0コメント

  • 1000 / 1000